誠実、丁寧、信用がモットー福岡の土地家屋調査士松尾勝巳事務所です。
  • HOME>
  • 登記申請義務と共有不動産の登記申請

登記申請義務と共有不動産の登記申請

報告的登記は、1ヶ月以内に登記申請する義務があります。

 報告的登記に分類されるものは、以下のものになります。
 土地の登記では、土地表題登記・地目変更登記・一部地目変更分筆登記・滅失登記があります。
 建物の登記では、表題登記(区分建物表題登記)・建物表題部変更登記・建物滅失登記・建物合体の登記・建物分棟及び分割登記があります。
 これらの報告的登記は、「現況はこうですよ。」「こう変更しました。」と報告するような登記申請です。登記申請義務があります。登記申請義務のある土地の登記の申請を怠ったら、罰則の規定もあります。次の条文です。
不動産登記法 第164条(過料)
 申請をすべき義務がある者がその申請を怠ったときは、十万円以下の過料に処する。

-参考-
 それでも、手持ちの資金で新築や増築された方などは、抵当権などの設定を必要としないため登記されていない方も時々おられます。しかし、相続等になった時などに、所有権証明になるものがなかったりして後で大変です。役所の職員さんに来て頂いて、その建物の評価証明をつくって頂いたこともあります。増加分の固定資産税も追徴されました。
 登記の申請は、所有者か相続人からしかできません。以前、売買後に建物滅失登記もされておらず、登記記録だけ残っているので困っているという相談がありました。狭い宅地に、2軒も家があるようになっていて、しかも、その前所有者の居所や連絡先もわかりませんでした。代理人として、建物滅失の申し出をして、登記記録を閉鎖してもらいました。
 きちんと法律を守れば、後で人に迷惑をかけたり、損をすることはありません。 

形成的登記と更正登記には登記申請義務はありません。


 形成的登記に分類されるものは、以下のものになります。
土地の登記では、土地分筆登記(土地の分割)・合筆登記(土地の合併)です。
建物の登記では、建物の分割登記・合併登記・区分の登記です。
 これらの登記は、所有者の意思にもとづいた申請を受けて登記されるため、形成的登記と言われます。現況に変化はありませんが、登記されることで1筆の土地が2筆の土地を「形成」するようになるのです。

 形成的登記と更正登記には登記申請義務は課されていません。

共有不動産の場合の登記申請 

 共有土地・共有建物の場合は、登記申請は次のように異なります。
 報告的登記は、共有物の保存行為と解され、共有者の一人からでも申請できます。相続人から申請することもできます。
 それに対して、形成的登記は、共有物の処分行為と解され、共有者全員からの申請が必要です。

PageTop

 

福岡県太宰府市の土地家屋
調査士の松尾勝巳です。
よろしくお願い致します。

福岡の土地家屋調査士の松尾勝巳です。

    
     

index

 

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の測量器械です。

     

関連法令リンク

 

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の看板です。

事務所情報
〒 818-0137
福岡県太宰府市
青葉台1丁目5番17号
TEL 080-1702-7524
FAX 092-980-7326

福岡県土地家屋調査士会
登録番号 2163

土地家屋調査士松尾のブログ

PageTop