Linux PC 「 Ubuntu 20.04 」に生まれ変わりました。

Linuxのコマンドをたくさん学びました。

 下の写真が、Linux PC Ubuntu 20.04です。普通のパソコンです。ワープロ・表計算・データベース・プレゼンなどのソフトはついてます。古いパソコンをリユースしているだけです。無料のソフトウェアがたくさん使えます。仕事には使わない遊び機です。

 こうなった原因があります。以前紹介した、ラズペリーパイデスクトップの内蔵無線LANが動作しなくなりました。ソフト側の異常も考えられるので、OSのRaspberry Pi Desktop から導入し直すことにしました。

 USBにイメージを焼きつけ、ハードディスクをはずしてインストールを試みました。 

 ラズパイはUSBから起動できます。あわせて、USBーWiFiも使用できます。HDへのインストールがうまくいかないので、ハードディスク(HD)に焼きつけたりして試しました。これもだめでした。
 Ubuntuをインストールしてみましたが、USBーWiFiが使えません。USBーWiFiは新たにLinux対応と書いてあるものを購入したのですが、セットアップができませんでした。

 ラズパイのインストールの途中まで進むのですが、少しずつ手順を変えたりしながら何回もチャレンジしましたが、行き詰まってしまいました。やはり付け焼き刃ではだめです。

 初心に帰って、Linuxのシステムの理解が必要だと思い、一週間ほど勉強しました。再度チャレンジしました。勉強していたので、実行していることは理解できました。UbuntuはインストールCDからインストールできました。しかし、ラズパイはUSB起動するまではできましたが、インストールはできませんでした。ラズパイを使えないことはないのですが、USB起動でHDを外付けで使うような形にしかなりません。しかたなく、ラズパイは断念する事にしました。HDを外付けで使うことは、不便だし合理的ではありません。

 ラズパイデスクトップで使っていたのは、ThonnyPythonIDEとコマンドターミナルでした。ラズパイもUbuntuも、同じLinuxのDebianから派生しています。UbuntuにThonnyPythonIDEのパッケージを導入することも簡単にできます。下はUbuntuが起動した画面です。この段階では、前のバージョン「Ubuntu18.04」です。

 WebでUbuntuで動作したというUSBーWiFiを調べ、注文しました。UbuntuもWebで調べて、最新型のUbuntu20.04にバージョンアップしました。これで、2025年までサポートされます
 印刷設定をどうするか調べています。できそうですが、まだできていません。ラズパイの時は印刷をしたい場合は、メールでワードやエクセルのファイルやテキスト・PDFをウインドウズ機に送り、印刷していました。

編集後記

 LinuxはOSを始め、その上で動作するディストリビューションやパッケージ・ソフトが無償で使えます。日本にも、そういうボランティア活動を支えている方がたくさんおられるようです。10年以上前の、ソニーのVAIO(Windows vista)が2千円ほどの出費で十分使えるパソコンに再び変身しました。
 持続可能な社会をつくることにつながるかどうかわかりませんが...。家で眠っている古いパソコン、復活させてみませんか? 

今日の日記(2020/09/19)
 今年の夏は本当に暑かったのですが、9月になって急に涼しくなってきました。今年はコロナの影響から、家で巣ごもり状態です。パイソンのプログラミングばかりやっています。書籍代が数千円かかりますが、数ヶ月もかけて一冊終わりますので、安上がりです。8月までで、基本の学習が一通り終わったので、9月になりロトの予想プログラムを作りました。現在、調整中です。5口で1000円購入し、4回に1つ1000円が当たるくらいのところまでなっています。もう少し当たるように、検討が必要です。